DISCO 33・・・ディスコ・アルバム 発掘の旅
70年代から80年代にかけて発表された数多くのアーティストのアルバムから珠玉のダンサブルな作品を紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JEANNE NAPOLI / OH NO DON'T LET GO (1977)
jeanne napoli-jeanne


OH NO DON'T LET GO
Time: 4:54
Written By Victoria Pike & Teddy Randazzo
Produced & Arranged By Teddy Randazzo

From the Album "JEANNE" (VI-7003)

(P)1977 Virgo

Jeanne Napoliは、女性ポップ・デュオ・グループ・Napoli & Glassonの元メンバーであり、「Forget That Girl」(1976)や「Let's Make Love」(1977)などのディスコ・ヒットで知られる白人女性シンガー・ソングライター、音楽家。主に映画やミュージカルを中心にソングライターとして活躍し、Air Supplyに提供した「I’ll Never Get Enough Of You」(1982)は日本で大ヒットしている。

●OH NO DON'T LET GO

1977年にVigorから発売されたアルバム「Jeanne」から。Little Anthony & Imperialsなどの成功で知られるイタリア系アメリカ人プロデューサーTeddy Randazzoがプロデュース、アレンジ、ソングライティングまでを手がけた作品。

The Stylisticsの「Hey Girl, Come And Get It」(1975)と良く似た曲調とメロディーを持つフィラデルフィア風のポップなディスコ・ナンバーで、Teddy Randazzoの壮大なオーケストレーションと、彼女の舌足らずで片言の英語での歌唱が独特のセクシーさを醸し出しており、なかなかの仕上がりとなっている。
コメント
この記事へのコメント
う~ん
やっぱりいいですね~^^

フィリー風のコケティッシュでゴージャスなオケが最高!
4分ぐらいからの転調具合が素晴らしい!

Let's Make Loveだけでなくこの曲も気に入りました!
2008/11/20 (木) 23:02:34 | URL | yoshi #WE/xn6Vw[ 編集]
気に入ってくれてよかったです☆
指摘されてるとおりブレイク以降の転調がミソですよ。
2008/11/21 (金) 20:31:25 | URL | yuki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 DISCO 33・・・ディスコ・アルバム 発掘の旅 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。