DISCO 33・・・ディスコ・アルバム 発掘の旅
70年代から80年代にかけて発表された数多くのアーティストのアルバムから珠玉のダンサブルな作品を紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE RITCHIE FAMILY / BABY I'M ON FIRE (1976)
ritchie family-arabian nights LP

BABY I'M ON FIRE
Time: 5:05
(J. Morali-H. Belolo)
Produced and Arranged by JACQUES MORALI
and RITCHIE ROME for Can't Stop Production Inc, NYC.
General Superviser: HENRI BELOLO

From The Album "Arabian Nights"(Marlin 2201)

(P)1976 Marlin

The Ritchie Familyは、Village Peopleなどの成功で知られるフランス人ディスコ・プロデューサーJacques Moraliが、フィラデルフィアのプロデューサー、アレンジャーRichard Romeと組んでスタートさせた黒人女性3人組ディスコ・グループ。当初は実体のないディスコ・プロジェクトだったが、デビュー曲「Brazil」(1975)の大ヒットを受け実体化した。1976年当時のボーカル・メンバーは元・Honey & The BeesGwendolyn OliverCassandra "Ann" Wooten、セッション・シンガーとして活動していたCheryl Mason Jacks。主なヒット曲に「The Best Disco In Town」(1976)、「Life Is Music」(1977)、「I'll Do My Best」(1982)など多数。

●BABY I'M ON FIRE
1976年にMarlinから発売されたセカンド・アルバム「Arabian Nights」から。プロデュースはJacques MoraliRichard Rome。演奏はThe Salsoul Orchestra(MFSB)のレコーディング・メンバーが担当。フィリー録音。

南国を思わせるラテン風味の大袈裟なメロディーとオーケストレーション、突拍子もない女性コーラスがなんとも印象的なミディアム・スロー・テンポのインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。同じくラテンのリズムを取り入れたThe Salsoul Orchestraとは一味も二味も違う、脳天気なサウンドに仕上がっている。ここでもEarl Youngのドラムが活躍。
スポンサーサイト
copyright © 2005 DISCO 33・・・ディスコ・アルバム 発掘の旅 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。