DISCO 33・・・ディスコ・アルバム 発掘の旅
70年代から80年代にかけて発表された数多くのアーティストのアルバムから珠玉のダンサブルな作品を紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ROBERTA KELLY / SPEAKING MY MIND IN HIS EAR (Yawer-Adone-Jehovah-Allah) (1978)
roberta kelly-gettin the spilit LP

SPEAKING MY MIND IN HIS EAR
(Yawer-Adone-Jehovah-Allah)

Time: 5:58
(Roberta Kelly-Bob Esty)
Produced by: Giorgio Moroder & Bob Esty
Arranged & Conducted by: Bob Esty

(P)1978 Casablanca

Roberta Kellyは、「Trouble-Maker」(1976)、「Zodiacs」(1977)などのディスコ・ヒットで知られるドイツの黒人女性ボーカリスト。1973年頃、Giorgio Moroderによって見出され、「Kung-Fu Is Back Again(Part 1)」(1974)でデビュー。Silver Conventionの初期メンバーだった事でも知られる。

SPEAKING MY MIND IN HIS EAR
  (Yawer-Adone-Jehovah-Allah)

1978年にCasablancaから発売された、ゴスペルとディスコ・ミュージックの融合をテーマにしたコンセプト・アルバム「Gettin' The Spirit」から。プロデュースはGiorgio MoroderBob Esty。ドイツとロサンゼルスでレコーディングが行われている。

この曲はアルバムのラストに収められていた作品で、神の呼び名を羅列したサブ・タイトルからも分かるとおり、ゴスペル色を前面に押し出したアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。"Yawer-Adone-Jehovah-Allah...."と呪文のようにささやくメロディーが印象的。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 DISCO 33・・・ディスコ・アルバム 発掘の旅 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。