DISCO 33・・・ディスコ・アルバム 発掘の旅
70年代から80年代にかけて発表された数多くのアーティストのアルバムから珠玉のダンサブルな作品を紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AURA / L.A. SUNSHINE (1978)
aura-la sunshine

L.A. SUNSHINE
Time: 3:27
(Jim Mancel)
Produced by Jeff Smith for Inter-Productions
Conducter: Jeff Smith
Arranger: Eric Robertson
Creative Vocal Interpretations by Aura

From The Album "Special Way"(CLP-8003)

(P)1978 Change/MCA (Canada)

Aura Urziceanuは、60年代から現在も活動を続けるルーマニアを代表するルーマニア人女性ジャズ・シンガー。主にルーマニア、カナダを拠点に活動し、ジャズ、スタンダード、ラテンなどを独自解釈した作品を中心に発表している。主な代表作に「Seara De Jazz Cu Aura」(1974)、 「Over The Rainbow」(1977)など。

●L.A. SUNSHINE

1978年にカナダ・Changeから発売されたアルバム「Special Way」から。アレンジはRoger WhittakerTHP Orchestraなどを手がけたEric Robertson。プロデュースはJeff Smith。録音はカナダ・トロント。

恐らく彼女が発表した作品では唯一のディスコ・ナンバーで、強烈なビートの効いたアッパーなディスコ・アレンジに40年代のジャズ・スタンダード風のメロディー・ライン、スキャットを織り交ぜたジャズ・タッチの独特なボーカルが絶妙なマッチングを見せるユニークなディスコ・ナンバー。同年にドラム・パートを追加録音したリミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルがカナダのみ発売されているが、アルバム同様に入手困難のレア盤となっている。

※日本では「アウラ」と表記される事が多いが、本来は「オーラ」(O'ra)が正しい。

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/09 (土) 11:37:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 DISCO 33・・・ディスコ・アルバム 発掘の旅 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。